旅のお供のカメラにアクションカメラ『SJCAM-M20』が加わりました。
元は、スノーボードの滑走シーンを動画で撮りたかったんで購入。
ホンマはGoProが欲しかったけど、なんせ高いんで、アクションカメラ入門と言うかお試しみたいな感じでこの『SJCAM-M20』にしました。

で、Amazonで12,599円で買えたけど、手ぶれ補正(ジャイロ)やWi-Fiでスマホと繋げる機能もあってなかなか高性能です。

 

SJCAM-M20ってこんなん

パッケージ
SJCAM-M20パッケージ

 

付属品は、
・各種取付けアタッチメント
・防水ハウジング
・バッテリー2個(本体内+1個)
・レンズキャップ
・ステッカー
・取扱説明書
てなとこです。
SJCAM-M20の付属品

 

で、本体は結構コンパクト
SJCAM-M20本体 SJCAM-M20本体

 

私がAmazonで買ったやつ(価格はちょいちょい変動してるようです)

 

 

本物(正規品)か見分けるセキュリティコード

SJCAM-M20の外箱にスクラッチ式のセキュリティコードがあって、それをSJCAMのホームページで入力すると正規品か偽物か確認できるようでした。
SJCAM-M20用のセキュリティコード

 

で、幸い私のは本物のようでしたε-(´∀`*)ホッ。
SJCAM-M20用のセキュリティコード確認画面

 

SJCAM-M20で撮った動画

SJCAM-M20で撮影したらこんな感じでした。
ちなみに場所は、群馬県の川場スキー場です。
ヘルメットに付けてるんですが、発アクションカメラ撮影でキョロキョロしてしまってます。(^_^;)。
あと動画でも言ってますが、防水ハウジングに入れるとマイク性能が結構悪いです(T_T)。映像はいいんですが。

 

SPONSORED LINK

オプションの腕時計型リモコンも購入

使いやすくなるかなと思って腕時計型リモコンも購入しました。
SJCAM-M20用の腕時計型リモコン SJCAM-M20用の腕時計型リモコン SJCAM-M20用の腕時計型リモコン

 

リモコンから静止画の撮影や動画のオンオフができます。
あと連射撮影もできるみたいですが使ったことはないです。

ただこれは、SJCAM-M20本体の電源を入れる事はできないんで、結局本体の電源ボタンを押さないといけないです(。-ω-)。
まぁ、節電のためだと思うんですが。
ちなみに電源OFFはリモコンでできます。

これはAmazonで、2,899円でした。(これもちょいちょい変動してるようです)

 

 

 

SJCAM-M20の音声(マイク)性能改善なるか!?

SJCAMは全般的にマイク性能が悪いみたい(NET検索より)

私の買ったM20もやはりそうかも。。。
特に防水ハウジングに入れると(。-ω-)。

まぁ、ドライブレコーダー代わりに車内で本体露出での撮影時なら、そこまでマイク性能は気にならないんですけどね^^;。

 

防水ハウジングのマイク位置に穴を開けてみた!

ということで、防水ハウジングのちょうどマイクの位置辺りに穴を開けてみた。
と言うのも、防水デジカメは持ってるんで、アクションカメラを特に水中で使う予定はないので、スノーボードなんかの時に生活防水くらいあればいいかなっと。

で、穴を開けたところに一応テープを貼ることにした。
セロハンテープの方が音の通りはよさそうやけど、耐久性も考えて今回はアルミテープを貼る!
SJCAM-M20の防水ハウジングに穴開け

 

穴開けは電気ドリルでバリバリってほどじゃなく、意外と簡単に開きました。
一応、動画で。

 

穴開け後の撮影動画

ちなみに場所は、北海道のニセコゲレンデのピークからの滑走を撮ってみました。
途中まで購入時に付いてたレンズの保護シールを付けっぱなしでしたが。。。(;・∀・)。

 

上の方の防水ハウジング穴開け前の動画(川場スキー場)と比較すると、まずまずの音声(マイク)性能の改善ではないでしょうか!?
マイク自体を加工したわけじゃないんで、応急的ではありますが簡単です。
アルミテープの代わりにもっと薄手のテープにしたらもっと良くなりそう( ̄ー ̄)ニヤリ。

 

防水ハウジングの穴ありと穴なしの音声比較

防水ハウジングに穴を開けたが、やっぱり同じシチュエーションで音声比較しないと分かりにくいので、あらためて穴の空いていない防水ハウジング(アリエクスプレスで購入)と同じシチュエーションでの音声比較を撮影してみた。

 

こうやって、あらためて穴の有る無しを比較すると、分かりやすいですね。
でも、穴を開けてもアルミテープで塞ぐと、そんなに音声は変わらないことも分かってしまった(`;ω;´)。

しか~し!穴開け後に何も貼らなければ明らかに音声が違ったんで、今度はアルミテープより薄いセロテープあたりで穴を塞ごうかな。

もしくは、音は振動なんで、もっと振動しやすい薄いゴム的なやつで、そして丈夫なもの。。。
んん!?『薄くて丈夫なゴム』といえば。。。コン◯ーム!Σ(゚Д゚)。
それを接着剤で貼っつけるのもありかも。極薄タイプで(-ω☆)キラリ。

 

アリエクスプレスで予備の防水ハウジングのみを購入

防水ハウジングに穴を開けるんで、一応予備のSJCAM-M20用の防水ハウジングをAmazonや楽天・ヤフーなどなど探し回ったけどなかなかなくて、結局『Aliexpress( アリエクスプレス)』というとこで販売していた。

アリエクスプレスって、中国製品の巨大オンラインショッピングモールみたいなとこで、怪しさいっぱい(。-ω-)。
と思っていたんですが、結果から言うと全然大丈夫でした。
最初は不安で一杯やったんですが、今回のSJCAM-M20用の防水ハウジングも送料込みで大体1,500円ぐらいで買えました。

ただ、到着に1ヶ月位かかって、その間はだいぶ不安でしたが。
まぁ正直、1,500円やし最悪届かんかってもエエっか!って楽天的な気持ちの方が大きかったですけどね(゜∀。)ワヒャ。

届いた中国からの封筒。
アリエクスプレスで買ったSJCAM-M20の防水ハウジングの封筒

 

梱包はプチプチシートだけでした。
アリエクスプレスで買ったSJCAM-M20の防水ハウジングの梱包

 

届いた防水ハウジング本体。
アリエクスプレスで買ったSJCAM-M20の防水ハウジング

 

ちなみにアリエクスプレスで買った防水ハウジングの方が、SJCAM-M20を買った時に付いてた防水ハウジング より良かったです。
と言うのもSJCAM-M20購入時の付属防水ハウジングはサイドボタン2つの内の下側のボタンは結構強く押し込まないと反応しなかったんですが、アリエクスプレスで買った方は、ボタンもサクッと反応が良かったです。
まぁ、当たりハズレの問題でしょうが、結果的に良かったです(∩´∀`)∩。

ちなみに、アリエクスプレスって、Amazonで売ってる今回みたいな中国製のアクションカメラ関係やガジェット関係なんかがめっちゃ安かったです。
個人的な思いですが、アリエクスプレスで買って、Amazonで売ったら利益が出るんじゃないかと思うぐらいに。。。

参考に『アリエクスプレス』ってこんなんです。
中国最大級!低価格海外ショッピングモール【アリエクスプレス】

 

(((((((((((っ・ω・)っ