まず動画を見てもらった方が分かりやすそうです。

今回、私のハイエースにソーラーパネルを着けることにしました。
理由としては、長期間乗らないことが増えたためである。
というのも海まで徒歩1分のとこに引っ越したのもあり、サーフィンで車を使わなくなり、また奥さん用に軽自動車を買ったのだが、普段の足はそれで事足りてしまったからだ。
それで、セキュリティーが付いてることもあり1ヶ月くらい乗らずで、バッテリーを上げてしまいました。
それも、変えて半年くらいのパナソニックのブルーのカオスバッテリーで容量も125のデカイやつやったのに。。。(`;ω;´)

で、6年前まで乗っていたバモス・ホビオに付けていた簡易ソーラー充電を付けようと思い色々調べると、フロントガラスに貼っつける簡易ソーラー充電では、効果があるのかどうか分からない感じでした。
実際バモスにつけている時もそうでした。やっぱバッテリー上がるし、最後には外しちゃいましたから^^;
まぁ、バッテリー上がりの延命程度ってとこですよね。
ちなみに、バモスにはこんな感じのやつ付けてました。
バモスに使っていたソーラー充電器

 

で、今回はちゃんと自給自足のできるもっと本気のソーラーパネルにしようと思い10Wのやつを2枚買いました。それとコントローラーも。
(たぶん目的からすると1枚で充分なんですが、なんとなく^^;)

今回のチョイス基準は、見た目的に車外は嫌だったので車内設置できて、視界の邪魔にならないもの。
そして、もちろんリーズナブルなものです。
ちなみにソーラーパネルの設置場所はリアサイドガラスのピラー横です。
それを両サイドに1枚づつ。なんとなく左右対称にしたかったので。
ここですね。
ハイエースのソーラーパネル設置位置

 

で、いつも愛用のAmazonや楽天では、寸法や性能的に良いのがなかったので、ヤフーショピングで購入。
セミフレキシブルタイプです。
ソーラーパネルを開封

 

開けるとかんな感じ。
本体以外に、
・シガーソケット
・ワニ口
・USB
・吸盤が2つ付いてました。
ソーラーパネルを開封

 

ちなみにUSBは専用というより、USBソケットをはめ込んでるだけでした。
ソーラーパネルに付属のUSBソケット

 

取説は、英語と中国語のみ。
ソーラーパネルの取扱説明書-中国語
ソーラーパネルの取扱説明書-英語

 

ついでにソーラーパネルと配線の接点ボックスを開けるとダイオード1つのみ。
シンプル~(゜∀。)。
ソーラーパネルの接点ボックス

 

おっ!
でも、部屋の蛍光灯でも一応発電してるよう。
赤いランプがピカピカと!
ソーラーパネルのシガーソケット

 

ちなみに寸法ですが、ヤフーショピングサイトの表示では、48×18cmでしたが、実際図ると横はちょうど18cmだったんですが、縦が49cmと1cm大きかったです。
まぁ、窓とカーテンレールの関係で、元々縦は45cmにカットする予定だったんで、関係ないんですけどね(ヾノ・∀・`)。
ソーラーパネルの採寸-縦
ソーラーパネルの採寸-横

 

ちなみに取説では縦が46cmってなっていました。
さすがMade in 中国Σ(゚Д゚)。
ちなみに、厚みも30mmって書いてますが、そんなにありません。パネルは3mmくらいです。接点ボックス入れても、10mmくらいでした。
ソーラーパネルの取扱説明書記載寸法

 

 

ちなみにこれです。

 

 

セミフレキシブルなんで、ふにゃふにゃではなく湾曲する程度です。
そして、ガラス面の曲線に沿うように湾曲の型をつけようと頑張ってみました。
ソーラーパネルの湾曲加工1

 

一晩おいて効果なかったので、パワーアップ!
ソーラーパネルの湾曲加工2

更にドライヤーもあてましたが、ほぼ効果なく、びしっと真っすぐのままでした。。。ヾ(。>﹏<。)ノ

 

あとジャマなんで、4隅の金具をコジッて外し、
ソーラーパネルを加工

 

縦も45cmになりようにカットしました。
ソーラーパネルを加工

 

そして、Amazonで買った両面テープを貼り付けて、準備万端です。
ソーラーパネルを加工

 

ちなみに、この両面テープめちゃめちゃ強力で、ソーラーパネルを湾曲させる必要もありませんでした。 あの苦労が。。。
まぁ、できてなかったんですけどね(。-ω-)。
超強力両面テープ-バイザー用

 

この強力さは、おすすめです。さすがバイザー用!
他に車内で今までの両面テープではイマイチだったとこにも使っていこうと思います。

 

 

そして、ソーラー充電のコントローラーがコレ。
Amazonで買いました。
ソーラー充電のコントローラー1台目

 

ただ今回、不具合でコントローラーを2回変えてます。
ですので途中コントローラーの写真が変わってますが、そういった事情です。
上のは、充電量を見れてよかったんですが、0.1の桁の液晶が飛んでいました。
んで、返品。

 

同じのがなかったんで、次に買ったのがこれ。
ソーラー充電コントローラー2台目
コンパクトで良かったんですが、充電量のアンペア表示はなかったです。
そして、チャージマークが出なくなることが多かったので返品。
でも、Amazonって、返品対応もスムーズで安心ですね。

 

で、3つ目がコレ。今日届きました。
なんかAmazonの箱に柄が入って豪華になってるぞΣ(゚Д゚)
ソーラー充電の3台目コントローラー到着

 

なんか今までで一番しっかりしてる気が。。。
ソーラー充電の3台目コントローラー

 

中身も
ソーラー充電の3台目コントローラー開封

 

明日、早速コレを繋げていきます。 これで完成になりますよ~にヾ(。>﹏<。)ノ。

 

 

そして、次は配線です。

 

全体像で言うとこんな感じです。
ハイエースのソーラーパネル配線ルート

 

まず、助手席下のエンジンルームに配線をほうり込みます。
ちなみにぶっといゴムパッキンがあるんで、線の断線は心配なさそうです。
実際、閉めた状態でも配線は引っ張れば動きます。
ハイエースのソーラーパネル配線

 

バッテリー側(エンジンルーム)。
念のためプラス端子に10Aヒューズを入れてます。
ハイエースのソーラーパネル配線-バッテリー側

 

で、ここから内張りを外して線を通していきます。
ハイエースのソーラーパネル配線

 

助手席横のピラーから天井に入って~
ハイエースのソーラーパネル配線

 

スライドドア後方のサイドピラーにおろして~
ハイエースのソーラーパネル配線

 

ここに出します。
ハイエースのソーラーパネル配線

 

ここは2極コネクターにしました。
ハイエースのソーラーパネル配線に2極コネクター

 

コレでバッテリーまでの通線は完了。

サイドパネルの外し方とかここで動画付きで記事にしてますよ。
ハイエースのフロントパネル全部の外し方!と、ピラーも。カーナビ・ETC・ドライブレコーダーなどの取り付け・交換に。

 

 

次は右サイド(運転席側)に貼るソーラーパネルからの配線です。
サイドピラーを外したあとは、
天井の内張りを止めてるピン外していきます。
ハイエースの天井裏配線

 

そして、めくりながら線を通していきます。
ハイエースの天井裏配線

 

まっ、コレだけなんですけどね。
途中3箇所こんな配線止めで固定しました。
配線止め

 

そして、左サイドのピラーから出します。
ハイエースのソーラーパネル配線

 

で、ソーラーパネルを貼り付け状態。
ハイエースにソーラーパネル設置

 

ギボシも付けます。
ハイエースのソーラーパネル配線加工

 

そして、コントローラーも付けて、かんな感じです。
ハイエースのソーラーパネルコントローラー合わせ

 

あとコントローラーに配線の接続がしやすいように、こんな細めの平端子を使いました。
平端子

 

カシメてこんな感じ。
ソーラー充電コントローラーに配線加工

 

繋げると
ソーラー充電コントローラーに配線加工

 

ちなみにコレが2代目コントローラーを付けたところ。
コンパクトで良かったんですけどね。
ハイエースにソーラーパネルと2台目コントローラーを設置

 

で、翌日に3代目コントローラーを付けて完成~ヽ(´ー`)ノ
ソーラー充電のコントローラー3台目設置

 

これいい感じです。
充電量の表示もあるし、温度表示もあります^^。
今までの2,000円弱の安物とはわけが違います。
と言っても、これも2,800円程度ですけどね(*˘︶˘*)

 

ちなみにコレ買いました。

 

 

運転席からソーラーパネルを見たら、こんな感じ。
コレなら、カーテンのせいもありますがほぼ隠れて、視界のジャマにもならないですよね。
ハイエース運転席から見たソーラーパネル

 

 

 

このあとまたイジることに。。。
ハイエースに設置しているソーラーパネルのコントローラー移設&交換!自己消費電流の削減!