今までスマホ私のiPhone6などスマホの映像を無線でカーナビに繋ぐ(ミラーリングする)のに『EZCast』を使っていたんですが、ちょいちょいNETで見かける類似品の『AnyCast』というアイテムでもできるのかを無性に知りたくなって今回Amazonで買いました。
AnyCast本体

 

ちなみにAmazonで私が買った時の値段は1899円でした(ちょいちょい変動してるようです)。

 

あと『EZCast』の特徴として、
ダイレクトリンクができる(スマホとEZCastを直接つなぐのでWi-Fiルータが不要)
・スマホとEZCastがWi-Fiで繋がった(ミラーリング)状態でも、スマホの電波(4G/LTE)でNETに繋がる。これで車でもYouTubeが簡単に見れるわけです。

上記の2つが『AnyCast』でも同じようにできるのかが最も気になるところです(。ŏ﹏ŏ)。

 

AnyCastとEZCastの外見の違いは!?

まずこれが届いたAnyCast。
AnyCast

 

開封すると、
・本体
・Wi-Fi受信部&USB電源コード
・英語の取扱説明書
・日本語の取扱説明書(プリント)
の4つでした。
AnyCastの内容物

 

で、EZCastとの違いなんですが、まず私が買ったEZCastは2種類で計3つ買いました(車用・家用・実家用)。
その2種類がこれ。
EZCast新型と旧型

1年以上前ですが、最初に買ったのが左の青いパッケージの方で、それから半年ぐらいして買い足したのが右のピンクのパッケージのEZCastです。
ちなみにこの2つはパッケージと本体の形とロゴが少し違いますが、使用がっては全く同じでした。

 

そして、今回買ったAnyCastの形はピンクのパッケージのEZCastと同じ感じでした。
あとWi-Fi受信部&USB電源コードも見た感じは全く同じでした。

違いといえば、AnyCastの背面には何かしらのボタンが付いてました。
AnyCastのボタン(スイッチ)

なんやろう。。。??
リセットボタン?
何かの切替スイッチ??

とりあえず日本語の取説には、iPhoneの場合はこのボタンを押すとだけ書くてました。
英語の取説には『switch~なんたらかんたら~botton』って書いてるところがあったんですが、私の英語力では。。。??(゜∀。)。

まぁ、何か困ったときに押してみるかってぐらいですね^^;。

ちなみにAnyCastの日本語説明書はこんなの
AnyCastの日本語取扱説明書 AnyCastの日本語取扱説明書

 

あとEZCastとの違いを強いて言えばロゴの目の部分が、なんか寝ぼけた感じになってますね(笑)
バッタもん臭が。。。
(ちなみに、これは青いパッケージのEZCastとの比較です)
AnyCastとEZCastの比較

 

AnyCastの設定と使い勝手は!?

次にAnyCastを自宅のテレビに繋ぎ設定してみました。

配線は!?

配線はEZCastと同じでHDMI端子とUSB電源の接続だけなんで、めっちゃ簡単です。
まずHDMI端子。
これは撮影用にテレビ裏から延長して、手元までHDMI端子を持ってきてます。
HDMI端子

 

これとAnyCastを繋げる。
HDMI端子の接続

 

で、USB電源も繋げる。
USB電源

コレだけです。

すると、5秒ぐらいでオープニング画面が出てきました。
AnyCastオープニング画面

 

設定方法

日本語の取説によると、Androidの場合は、
『アンドロイドの場合、直接マルチスクリーンをONにして、本製品のIDと接続できたら、ご利用できます。』
となってたんで、簡単に繋げられそうな感じです。

でも私のはiPhone6なんで、
『AnyCast本体の裏にあるボタンを押す』となっていたんで、
ここのボタンをポチッと。
AnyCastのボタン

 

するとこんな画面になりました。
これは説明書通りですね。
AnyCastの設定画面

 

で、スマホのWi-FiをONにして、Wi-Fi設定でAnyCastのSSID(画面上部の真ん中あたり)を選んで、パスワード(画面上部の右の方)である12345678を入力。
これで、AnyCastとスマホの接続が完了~
Wi-Fiの設定画面

 

するとAnyCastの設定画面の赤枠で囲んでる辺りにあったX印がなくなりました。
AnyCastの設定画面

 

そして、次は自宅のNETのWi-Fiルーターとの接続です。
(ちなみにウチの自宅ネットはWiMAXです)

これは、上記画面にもあるQRコードをスマホで読み取ります。
で、読み取り後
QRコードの読み込み

 

このURLをクリック(タッチ)すると
なんか設定画面が出てきました。
で、一番上の赤マルで囲ってる『make dongle connect to WiFi AP』のボタンをタッチ。
AnyCastの設定方法

 

次の画面で、赤マルの『Scan』のところをタッチ。
AnyCastの設定方法

 

すると、 拾えるWi-Fiがズラーッと出てくるんで、
自分のWi-Fiを選択(タッチ)。
私の場合はWiMAXのW03なんで、『W03_84BE・・・・』ってやつですね。
AnyCastの設定方法

 

次は、こんな画面なんで、パスワードのところをクリック。
AnyCastの設定方法

 

で、パスワード入力
(画面が大きくなります)
AnyCastの設定方法

 

パスワードの入力が終わったら、少し下にスクロールして、『Connect』ボタンをクリック。
AnyCastの設定方法

 

すると、『ここに接続できましたよ~』的な、こんな画面になります。
AnyCastの設定方法

 

で、テレビの方のAnyCast設定画面も、
赤枠で囲ってるもう一つの☓印が消えて自宅のWi-Fiと繋がったのが確認できました。
AnyCastの設定画面

 

これでAnyCastの設定が完了~(∩´∀`)∩。
めっちゃ簡単でした。
EZCastより簡単かもと思うぐらいに。
まぁ、EZCastでだいぶ扱いに慣れたせいもあるかな(^_^;)。

 

後は、私のiPhone6(スマホ)のミラーリング設定で、AnyCastを選択すれば、無事にミラーリングできました。
YouTubeやアプリの映像またiPhone6で撮った動画もテレビ画面で問題なく見れました。
(なぜかアンパンマンですが。。。^^;)
AnyCastでスマホとテレビのミラーリング成功

 

疑似カーナビとして実験もした

AnyCastの設定が無事終わったと言っても、一番大事なのはNET(Wi-Fi)環境のない車の中でカーナビのモニターに飛ばせるかどうかがなんですよね(。ŏ﹏ŏ)。

で、下記のAnyCastの設定方法の動画の終盤にも納めてますが、
自宅のNET回線が繋がったWi-Fi(私の場合はWiMAX)の電源を切ってもスマホの映像がテレビに飛ばせるかを実験しました。ようはNET回線のない車内と同じ環境です。

で、結果はと言うと問題なくアプリの映像やスマホで撮った動画だけでなく、YouTubeもちゃんと見れたので、車での使用の期待感もUPです(´∀`∩)↑age↑。

まぁ、次の休みの日にでも実際に私のハイエースで実験しようかと思っています。

 

AnyCastの設定方法動画

動画の方が分かりやすかと思いAnyCastの設定方法を撮りました。
あと擬似的に車内でのカーナビ接続を想定しての実験も。

 

 

実装!AnyCastでカーナビに映像を飛ばせるか!?YouTubeは!?

AnyCastの車載カーナビへの実装を動画に納めました。
AnyCastの配線と『YouTube』やオフライン動画アプリの『YStream2』と『iPhoneで撮った動画』がちゃんとミラーリングできるかを確認しました。

 

 

まとめ

AnyCastとEZCastの違い

今回AnyCastを購入して使ってみた感想は、『EZCast』と遜色のない使用感でした。
違いがあるとすれば、EZCastは専用アプリがあるのに対してAnyCastはアプリがなかったのが一番の違いかな。
まぁ、アプリがない分、逆にシンプルかも。

で、AnyCastの方が全然安いんで、なかなかいいかも。
ただ耐久性はまだ買ったばっかりなんで分かりません。ちなみにEZCastは計3つ買って内2つは1年以上前に買ったけど、いまだ3つとも健在です。

あとアップデートに関しては、EZCastはアプリで操作するんで、AnyCastはどうやってするのかは今は不明です。
またアップデートの必要が出てきたら、いろいろイジってみます(・∀・)。
その時は苦手な英語の取説も読まんとアカン気が。。。(;・∀・)

 

今回、買ったもの

AnyCast(Amazon発送のやつ)

 

● ついでにこれも買いました。
HDMI端子→RCA端子変換コンバーター
Amazon発送が2,000円以上で送料が無料になったんで(^_^;)。
それにまたセカンドカーや旅行先の宿のテレビにEZCastなりAnyCastをつなぐ時に使うだろうということで。

 

EZCastの使用詳細は

これまで使ってきたEZCastの使い勝手や配線(スイッチ含む)・設定・トラブル対策などをまとめたページはこっちで。
iPhone6の映像をカーナビにミラーリングできるEZcastにスイッチ付け!!

 

不具合!?画面ズレするケースあり

(2017/4/26追記)
このAnyCastをカーナビ使っている時、画面ずれするケースが有りました。
こんな感じ。
AnyCast画面ズレ

 

ただ、これはアナログ変換アダプタとの相性の問題があるらしく、初めてEZCastを買った時から使ってる変換アダプタだと上に写真のようにズレたんですが、
今回、このAnyCastと一緒に買ったアナログ変換アダプタ(上の『今回買ったもの』に載ってるやつです)だと問題なく全画面表示されました。
いや~、今回のAmazon発送のAnyCastを買った時に2,000円以上だと送料無料になるんで、ついでに買った変換アダプタだったんですが、買ってて良かったですε-(´∀`*)。
変換アダプタを変えてみなかったら、危うくAmazon発送のAnyCastは不具合ありと認識してしまうとこでした。

といっても中華製品なんで当たりハズレの個体差があると思うんで、あくまで私の手元に届いたアイテムの場合、こういう結果でした。

ちなみに、今まで使ってるEZCastやこの後検証した中国発送のAnyCastでは、どちらのアナログ変換アダプタでもキッチリ全画面表示されてました。

 

でも安定度では、なんやかんや言うてもAnyCastよりEZCastの方がいいような気がしてきた。。。(。-ω-)。
1年以上使ってて問題なく使えてるからってのもあるかもしれんが。。。
(((((((((((っ・ω・)っ