主観たっぷりな旅と車とDIYの記録

【DIY・収納式シンク】ハイエースにポップアップ風シンク&蛇口を取付け

シンク&水道の展開時-ハイエースのベッドのサイドボックス上DIY
この記事は約6分で読めます。

ハイエースの車中泊快適化計画で、次はシンク&水道(蛇口)のDIY設置に取り掛かります。

ポップアップ風なシンクに決定

設置場所はベッドのサイドボックスで、奥行きがわずか17cmです。
薄型のシンク収納箇所

 

そこに奥行きが約27cmのシンクをハメ込むために試行錯誤しました。
設置するシンク

 

で、試行錯誤の末、ポップアップ式に飛び出して展開できる仕様にすることに

ちなみに奥行き17cmぐらいのもう一つ小さなシンクもあったのですが、あまりに小さいと使い勝手が悪そうなので、大きい方のシンクにしました。
小さいと水が飛び散りまくりそうですからね(^_^;)。

 

ちなみに今回購入したシンクはこれです。

 

スポンサーリンク

シンク収納&展開部分の加工

今回の材料購入はホームセンターのコーナンで、そのままカットもしていただきました。
あとは店内のセルフ工房でワチャワチャと細かい加工をしました。
ホームセンターのセルフ工房で加工したシンク台パーツ

 

セルフ工房付きのホームセンターって良いですよね。
コーナンさん、ありがとうございます!

 

そして自宅で組み立てるとこんな感じのシンク台に。
加工&組み立てたシンク台

 

ちなみに接着は木工用接着剤『ゴリラウッドグルー(通称ゴリラボンド)』のみで接着しました。
ゴリラウッドグルー(通称ゴリラボンド)

ネジは使ってません。
ミリ単位の調整だったのですが、私の場合、ネジより木工用ボンドの方が誤差が出にくいので。
何より、このゴリラボンドがめっちゃ強力です!

 

組み立てた上の2つを連結。
収納時がこんな感じで、
シンク台-収納時

 

クルッと回って展開します。
シンク台-展開時

 

あとシンク台の下部に溝を切ってるのですが、ポップアップ風に上にニョキッと引っ張り出して、その溝で固定できるようにしています。

 

そしてシンク&蛇口を収納するベッドのサイドボックスもリメイクしました。
元々はBOX形状になっていなかったので、
元のベッドのサイドボックス-ハイエース

 

リメイクしてBOX形状にしました。
リメイクしたベッドのサイドボックス-ハイエース

 

そしてリメイクしたBOX内に、ちょぼを上下に取付け、作成したシンク台下部の溝をハメ込む感じで、上に引っ張り上げポップアップさせます。
シンクのポップアップ加工部分

 

3Dプリンターも活用

今回わずか17cmの奥行きにシンクを収納するために問題だったのが、シンクの排水栓&ホースです。

特にホースは、ジャバラホースとはいえ、最短で折り曲げても高さが8cmぐらいあります。
シンクの排水栓とホース

 

これでは狭いスペースに収納できません

そこで、元のパーツを採寸して、3Dプリンターで排水ホースのアタッチメントを設計・作成しました
CADではこんな感じに設計。
排水が貯まらないように微妙に角度も付けてます。
CAD設計-3Dプリンターで作るシンク排水栓アタッチメント

 

で、実際にできたのがこれ。
3Dプリンターで作成したシンクの排水栓アタッチメント

高さが、わずか3cmほどに。
結果、高さを5cmほど抑えることができましたヽ(=´▽`=)ノ。

 

ちなみに3Dプリンターで作ったアタッチメントと排水栓、および排水ホースを連結するとこんな感じになります。
3Dプリンターで作成したシンクの排水栓とホースを連結

 

おまけで、シンク台の底に凹みを作りました。
シンク台底面に凹み加工

これは偶然のミラクルフィットがあって、そのために加工しました。
凹みの使い方は動画の方が分かりやすいので、このあとの動画内で説明してます。

 

スポンサーリンク

シンクの収納&展開システム作成動画

【収納式シンクDIY】ポップアップなシンク&水道をハイエースに取付け。収納システム完成!

水道(蛇口)部分の作成

蛇口は普通の家庭用のものを使用。
そして蛇口とホースの接続はこのホースニップルを使いました。
ホースニップル

ちなみにネジ経は『1/2G』
蛇口ではこのネジ経が主流みたい。

あとホースは内径12mmのものを使いました。

また蛇口の取り付け部分は3Dプリンターでこんなのを作成しました。
蛇口取り付け部分を3Dプリンターで作成

ちなみに伸縮式です。
収納時-蛇口取り付け部分 展開時-蛇口取り付け部分

 

ちょぼ穴を2つ作って、伸縮式にしてます。
伸縮機能-蛇口取り付け部分-3Dプリンターで作成

これは、シンクを展開せずとも水道だけで使えるようにするために、このような構造にしました。
あとの動画で実際の使用の様子があります。

 

給水タンクのキャップにゴムブッシュを取付け。
給水タンクキャップにゴムブッシュがミラクルフィット

これがまたミラクルフィット。
脱着しやすいように裏の返し部分はカットしてしまったのですが、ゴムブッシュの外径が給水タンクキャップの凹みにミラクルフィットしたので、ゴム栓をしたような感じですね。
たぶん走行時でも抜けません。多分。。。
もし抜けたら、その時また考えようと。。。
給水タンクキャップにホースと配線を通す-ゴムブッシュを取付け

 

排水タンクの方にもゴムブッシュを入れた上で、T字ジョイントを差し込むようにしました。

これも排水タンクの脱着性を考えて、T字ジョイントが程よく抜けやすいようにジョイントの差込口の返し部分を少し削って細くしました。

ちなみにT字ジョイントにしたのは、シンクからの排水と、もう一つは受け皿からの排水を流すためです。

受け皿は収納時に蛇口からポタポタ水滴が垂れた時に受けるために、3Dプリンターで作りました。
蛇口の水滴受け皿-3Dプリンターで作成

 

スポンサーリンク

水道&シンク完成

シンク台は防水も兼ねて、ニスで塗装
シンク台のニス塗り

合体してこんな感じ。
車載シンク台の完成

私、塗装系はびっくりするぐらい下手なのですが、今回のニス塗りはなかなかいい感じになりました。

今更ながら水性ニスを少し水で薄めたら塗りやすいことに気付く(^_^;)。

あとホースや配線を通す穴も作成しました。
車載シンク台のホースと配線穴

 

そしてハイエースに装着!

収納時はただのベッドですが、
シンク収納時-ハイエースのベッド下

 

マットを開けるとシンクと水道が収納されてます。
シンク収納時-ハイエースのベッドのサイドボックス内

 

そしてワンタッチで展開
シンク&水道の展開時-ハイエースのベッドのサイドボックス上

 

ちなみに外から見るとこんな感じ。
ハイエースに水道&シンク取付け完成

 

今回、タンクは給水も排水もベルトなどを使っての固定はしていませんが、しっかりロックされます。
うまいこと隙間にパチっとハマったり、固定枠でロックできるようにしました。
ですのでタンクの脱着はめっちゃ楽です

そこらへんの使用感も次の動画でやってます。

シンク&水道の完成動画

【DIY】収納式シンク&水道が完成!ハイエースの車中泊が快適に!

 

スポンサーリンク

排水タンクからコック開閉式で排水

おまけで排水タンク下部にホースを繋げて、コックで開閉できるようにしようかと考えてます。

そうしたら排水タンクの脱着の手間がだいぶ減るので。

もちろん垂れ流しはダメです!
私のハイエースの駐車場には、真横に洗濯排水とかがガンガン流れる排水溝があるので、そこに流せるようにしようと考えてます。

そして只今、その排水システムの構想&作成中です。
また完成したらアップします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました