主観たっぷりな旅と車とDIYの記録

レーダー探知機『コムテック ZERO 808LV』をハイエースに取付け。電源はOBD2から。

レーダー探知機コムテック『ZERO 808LV』の取り付け完了DIY
この記事は約3分で読めます。

前回、ハイエースにミラー型ドライブレコーダーを取付けたので、元々バックミラーに取付けていたミラータイプのレーダー探知機を外しました。
そのレーダー探知機も10年ほど使っていたので、買い換えることにしました。

選んだレーダー探知機

今回選んだレーダー探知機は、コムテックの『ZERO 808LV』

You TubeやらNETやらで評価や物色しまくってこれにしました。

決める基準にデータ更新が無料というのが大きかったです。

そして上からも吊るせる(画面が180度回転する)のも良かったです。
上の方に設置しようかと考えていたので。
まぁ、結局ダッシュボード上に取付けましたが。。。

あと最新は『LV809』もあったけど、808の方が評価が良かったので。

中身は

・レーダー探知機本体
・リモコン
・取付けベース
・取付けアタッチメント(バイザー取付け用)
・両面テープ&ジェルパッド
・シガーソケット電源
・取扱説明書

コムテック『ZERO 808LV』

 

そして電源取り用に『OBDⅡアダプター』を購入しました。
OBDⅡアダプター-コムテックの『ZERO 808LV』用

エンジンの状況やら、なんやかんや見れて面白そうやし(^^)。

 

スポンサーリンク

レーダー探知機取付け

取付けはめっちゃ簡単です。
電源は運転席足元の『OBDⅡコネクター』に指すだけです。
OBDⅡコネクター-ハイエース

 

そしてダッシュボード上まで配線を取り回すために、インパネ類を外していきます。

まず横のちっさいパネル
サイドパネル取り外し-ハイエース

 

次はメーター横のパネル
メーター横パネル取り外し-ハイエース

 

ここまでは素手でOKです。

 

そしてその下のパネルは内張りピンが2箇所あるので、内張り外しがある方が楽ちんです。
で、ガチャっと。
運転席パネル取り外し-ハイエース

汚ねぇ~。。。
何がなんの配線やら。。。

 

ここまでパネルを外すとOBDⅡコネクターが丸出しなので、配線の取り回しがやりやすいです。
OBDⅡコネクター配線-ハイエース

 

あとはサイドピラーも外しておきます。
写真撮り忘れたけどね。

 

足元からダッシュボード上に持っていくのは通線ワイヤーが無くても、モールを外せばこんな感じで上まで持っていけます。
サイドパネルの通線箇所-ハイエース

 

めっちゃ線が余るけど、適当に丸めて結束バンドで固定しました。
余った配線の取りまとめ箇所

 

そしてパネル類をもどして作業完了~

写真撮りながらでも、30分くらいの作業でした。

 

設置完了

こんな感じでダッシュボード上に設置しました。
レーダー探知機コムテック『ZERO 808LV』の取り付け完了

また上から吊るすいい方法が思いついたら、ルームミラーの横ぐらいに吊るそうかな。
サンシェードをするので、フロントガラスには貼り付けたなくていいように。

ついでにOBDⅡコネクタ部分はこんな感じで、ひょっこり頭だけ見える感じになります。
コムテックOBDⅡアダプター取り付け後

蹴らんようにせんとね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました