主観たっぷりな旅と車とDIYの記録

初めてのワイパーゴム交換。取付け方法や適合形状の見分け方は?Amazonで激安380円のワイパーゴムを購入。

ワイパーゴム取り外し抜けハイエース
この記事は約3分で読めます。

今回、ハイエースのワイパーゴムがヘタったので交換です。
ハイエースのヘタったワイパーゴム

 

ちなみにワイパーゴム交換は初めて。
ワイパーブレードごとの交換でエアロワイパーにしたことはあるんですけどね。

まぁ、今後のための記録です。
なんせ、すぐ忘れるんで、私。。。

 

激安ワイパーゴム

今回はAmazonで380円という激安ワイパーゴムを購入しました。
ワイパーゴム380円-Amazon

ゴムのみなので2本の金属プレートは移植して、長さも700mmなので装着後に余りをカットするタイプ。

ちなみに現状は社外エアロワイパーブレードで、ゴムのサイズは長さ550mmで幅9mm。

 

 

スポンサーリンク

ワイパーゴムの適合形状の見分け方

ワイパーゴムの幅の規格は主に『6mm』『8mm』『9mm』とあって、『8mm』『9mm』は実寸で0.6mmしか変わらないので、幅だけでは見分けにくいが、溝の形状などが違うので断面で見分ける

で、それぞれの断面形状はこんな感じ。
ワイパーゴムの適合規格

 

で『8mm』『9mm』の断面比較はこれ。
幅8mmと9mm比較-ワイパーゴムの適合規格

メインの部分の下側が『9mm』はフラットになってて、ハケ部分は少しV字になってます。

ちなみに私のハイエースのワイパーゴム断面はこれ。
幅9mmです。
9mm幅ワイパーゴムの断面

 

ワイパーゴムの取り外し

まずワイパーブレードの取り外しから。

エアロワイパーなので純正とはちょっと違うけど、フタみたいなのを開けて、下にずらすだけで外れます。
エアロワイパーブレード取り外し エアロワイパーブレード取り外し

 

次はゴムの取り外し。
回転軸側に突起物というか膨らみがあって、ここでゴムをロックしてます。
ワイパーゴムのロック箇所

 

この膨らみの手前っ側をペンチでつまんで、ロック幅より縮めてやれば、スコッと抜けます。
ワイパーゴム取り外しペンチ ワイパーゴム取り外し抜け

 

これでワイパーゴムの取り外しは完了ですが、金属プレートは流用するので外しておきます。
ワイパーゴムのプレート

 

スポンサーリンク

ワイパーゴムの取付け

新しいワイパーゴムに金属プレートをはめ込み、ブレードの根本側(回転軸側)から差し込んでいきます。
ゴムの方は突起物の逆側から差し込みです。
ワイパーゴム取り付けはじめ

 

で、途中途中のフックをきっちりゴムの溝に通していきます。
レールに通す-ワイパーゴム取り付け

 

そして最後は、ここから突起物をぐいっと押し込めばロック穴にスポッとハマります。
ワイパーゴム取り付け最後

 

そして余ったワイパーゴムをカットします。
ワイパーゴム余りカット

 

これでワイパーゴムの交換は完了です。
あとは車に戻すだけです。
ワイパーゴム交換完了

 

ワイパーゴム交換動画

動画でも撮ったのですが、こっちの方が取付け方法など分かりやすいかも。

【ワイパーゴム交換】初めてのワイパーゴム交換。適合形状の見分け方は?激安380円のワイパーゴム。

コメント

タイトルとURLをコピーしました