主観たっぷりな旅と車とDIYの記録

【小技DIY】ハイエースのセパレートバー差込口を活用!3Dプリンターでグレードアップ!

セパレートバー差込口-ハイエースDIY
この記事は約3分で読めます。

今回は前に作ったハイエースのセパレートバー差込口のDIYをグレードアップしました。

というのも、前は木で作ったのですが、最近3Dプリンターを買ったので、その試作も兼ねて作り直しました。

 

使用した3Dプリンター

3DプリンターはANYCUBICの『MEGA-PRO』を買いました。

3Dプリンターを買うにあたって、いろいろ調べて最終的に、Crealityの『Ender3』かANYCUBICの『MEGA-S』にしようとほぼ決めていたのですが、Amazonのブラックフライデーもあって、『MEGA-PRO』にしました。
『MEGA-S』と3,000円しか変わらなかったので(^_^;)。

ちなみにAmazonのブラックフライデーがなければ『MEGA-S』を買ってました。
『S』と『PRO』の性能に大差はないので。

・静音性
・レベリング補助
・レーザー彫刻(たぶん使わん)←この機能が価格差の大半と思われる。

ぐらいです。

また、いろいろ調べた結果、強いて言えばCrealityの『Ender3』より、このANYCUBICの『MEGA-S』の方が剛性が上って感じでした。3Dプリンターで剛性は大事ですよね。

スポンサーリンク

ハイエースのセパレートバー差込口

今回のDIYポイントはここです。
セパレートバー差込口-ハイエース

ハイエースのセパレートバー差込口なのですが、ここを利用したいと思ったことはないですか?
私は2年ほど前に思って、そしてDIYしました。

ちなみに以前の1✕1(ワンバイワン)の木材で作成したときの記事はこっちです。
1✕1(ワンバイワン)の木材をちょっと削るだけで簡単にできます。
削る寸法とかも書いてるので参考にどうぞ。
セパレートバー差込口の活用!ハイエースちょこっとDIY!
今回ハイエースにチョコザイなDIYをしました。 ちなみにセパレートバー差込口のDIYなんですが、元々この差込口に使えるアタッチメントみたいなのがないかとN...

 

完成から

先に完成した写真ですが、こんな感じでイレクターパイプの『J-117L』もしくは『J-117R』をくっつけられるようにしてます。
ハイエースのセパレートバー差込口-アタッチメント取り付け

 

私の場合は、突っ張り棒を通して、カフェカーテンを付けるためにしました。
ハイエースのセパレートバー差込口にカフェカーテン取り付け

 

 

 

スポンサーリンク

木製と3Dプリンター製の比較

今回は初めて3Dプリンターの試作も兼ねて作りました。

まずCADでこんな感じで設計。
CAD設計-ハイエースのセパレートバー差込口アタッチメント

初CADです(^_^;)。
ちなみにCADはFusion360です。

 

そのデータを元に3Dプリンターでプリントアウトしていきます。
3Dプリンター-ハイエースのセパレートバー差込口アタッチメント

 

そして完成。
ついでに木製との比較
ハイエースのセパレートバー差込口アタッチメント木製と3Dプリンター比較-イレクターパイプ『J-117L』取り付け

イレクターパイプの『J-117L』とはビス2本で止まってます。

 

木製の時は手作り感が満載でしたが、ちょっと製品ぽくなったような( ̄ー ̄)。
イレクターパイプ『J-117L』-ハイエースのセパレートバー差込口に取り付け

 

ちなみにイレクターパイプのアタッチメントなしでセパレートバー差込口にはめ込んだところ。
セパレートバー差込口アタッチメント-ハイエース

 

3Dプリンターで作るとより制度が高くなって、ますますフィットするようになりました。
そして強度もアップです(^o^)。

 

作製動画

作製してるところを動画にしました。
より分かりやすいかも。

【小技DIY】ハイエース、セパレートバー差込口の活用!3Dプリンターでバージョンアップ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました