主観たっぷりな旅と車とDIYの記録

ミラーリングレシーバー。固定インターネットなしで設定する方法を考えてみた。EZCast・Anycast・MiraScreenなど

ミラーリングレシーバー-固定インターネットなしで設定 オーディオ
この記事は約6分で読めます。

固定インターネットやWi-Fiルーターなしで簡単にカーナビに無線ミラーリングだできる便利なレシーバー。しかも安い!
ちなみに、私はそんなレシーバーのうち『EZCast』『Anycast』『MiraScreen』を持っています。

 

アップグレードにはインターネット回線が必要

『EZCast』『Anycast』『MiraScreen』は、使用する上では固定インターネットもWi-Fiルーターも必要なく、スマホとレシーバーを直接Wi-Fi接続できる『ダイレクトリンク』というのが特徴で、もちろんそれでYouTubeなどのオンライン動画もカーナビにミラーリング(視聴)できます。

ただレシーバーの設定の中で『アップグレード』に関しては固定インターネットが必要でした。

 

スポンサーリンク

固定インターネットなしでアップグレードする方法を思案

最近は固定インターネットなしで自宅の通信もスマホだけでまかなっている人も増えてると思います。
そんな人がこういったミラーリングレシーバーは使えないものかと、固定インターネットなしでアップグレードの設定をする方法を考えてみました。

ちなみにアップデートの頻度はそんなにないです。
『ミラーリングできない』とか『音声が飛ばない』など不具合があった時に、レシーバーをアップデートして最新バージョンにすることによって解消することがあります。

実際、『EZCast』『Anycast』『MiraScreen』共に1年以上アップデートしてませんでしたが、普通にミラーリングできてました。もちろんYouTubeも問題なくカーナビで視聴できました。

頻度は少ないが、自宅の固定インターネットなしでアップデートする方法として、最初に思い浮かんだのは、『友達の家のWi-Fiでさせてもらう』『無料Wi-Fiスポットで行う』ぐらいでした。

 

Anycastはモニター無しで設定できた

上記の『無料Wi-Fiスポットで行う』方法としては、EZCastの場合はTVなりカーナビの画面に設定項目が表示され、スマホは上下や左右に動かすリモコンコントローラー替わりになります。
EZCastの設定-スマホがリモコン

 

ですのでWi-Fiスポットが車ごと入れるところなら、そのままカーナビの画面でアップグレード設定できますが、あまりないと思います。

最近は駅やホテルのロビーなど建物の中がWi-Fiスポットになってるところは結構多いと思います。
カフェなんかでも無料のWi-Fiがあったりしますよね。

もしそんなWi-FiスポットでEZCastのアップグレードをしようと思えば、小さいモニターも一緒に持っていかないと設定ができません。

 

しか~し、Anycastの場合は設定自体をスマホのアプリ上で行うので、ひょっとしたらAnycastはモニターに繋がなくてもアップグレードの操作ができるのであれば、Wi-Fiスポットに持っていくのもAnycast本体とモバイルバッテリーだけで行けるんじゃないかと思い実験しました。

ちなみに実験は自宅のインターネットをWi-FiスポットのWi-Fiと想定して行いました。
実験の趣旨はAnycastをテレビなどのモニターに繋げずにアップグレード設定の操作ができるかどうかの実験なので。

こんな感じでAnycastをモバイルバッテリーにだけ接続して、TVなどのモニターには接続せずに実験です。
Anycastのモニター無しでアップグレード実験

 

結果としては、モニターに繋げずにアップグレードできると思われる。
できると断言できないのは、私のAnycastは先日、YouTubeへの動画撮影のためアップグレードしたばかりで、既に最新バージョンになっていたためである(^_^;)。

表示も『no new version』となっている。。。
Anycast-アップグレード確認

 

ただこの状態でアップグレードをタッチすると、こんな画面に。
Anycast-アップグレード確認メッセージ

『ファームウェアは最新バージョンです』と。

 

ちなみに自宅のインターネットとWi-Fiルーターの電源を落とした状態で同じことをすると、
Anycast-アップグレード失敗

『接続に失敗しました』との表示に。。。

 

明らかに違う。
『ファームウェアは最新バージョンです』と表示が出たということは、オンライン通信で選別できたということだろう。
なので、Anycastはモニター接続無しでアップグレードの設定ができると思う。

 

ただ以前の記事で、カーナビで使うならEZCastの方がiPhoneとAndroidスマホの切り替え操作が不要なので使いやすいと書いたが、本気でそう思う。

AnycastでiPhoneとAndroidスマホを切り替える時は本体横のこのボタンを押さないといけないので、
Anycastのモード切替ボタン

ダッシュボードの下など見えないところにレシーバーを収納してる場合は切り替えが面倒です。。。

でも自宅に固定インターネットがない人で、iPhoneとAndroidスマホの切り替えもほとんどしない場合は、無料Wi-Fiスポットでのアップデートが簡単なAnycastもありなのかな、と思う。
まぁ、自宅に固定インターネットがある人には全然どうでもいいことやけどね(^_^;)。

動画でも

動画でも実験の様子を撮ってみました。

Anycastはモニター無しで設定できる!?ミラーリングレシーバーのアップデート!

 

スポンサーリンク

テザリングの活用

すっかり頭から抜けてました。このテザリングの活用
なんせ今までテザリングを使ったことがなかったので(;・∀・)。

これを活用すれば、固定インターネットなしでも簡単にミラーリングレシーバーのアップグレードができますよね。

条件としては、

・スマホがテザリング機能付きである。
・以前使っていたスマホ(解約しててもOK)やタブレットがある。

単純にテザリング機能でメインスマホを固定インターネット替わりにEZCastなどのレシーバーと接続して、古いスマホやタブレットをミラーリング元の端末として操作するだけです。
めっちゃ簡単。

 

テザリング機能の応用

これは自分でも予想外でしたが、同じテザリングでも『テザリングのON』にして、同じ設定画面に『Wi-Fi共有』という項目もあったのですが、これもONにすることによって、できました。
テザリングの設定画面

 

状態としては、
・固定インターネット代わりのテザリングスマホ
・ミラーリング元のスマホ

の2役を1台でこなしてしまいます。

EZCastの画面でも1台のスマホで両方共接続状態になります。
EZCastの接続状況

 

これは私個人的には大発見でした。

 

一応動画でも方法を撮影してみました。

ミラーリングレシーバー。固定インターネットなしで設定する方法はテザリング!EZCast・Anycast・MiraScreenなど

コメント

タイトルとURLをコピーしました